仏手柑(ぶっしゅかん)
(収穫時期・12月頃)
仏手柑(ぶっしゅかん)は、仏様の手を連想させることからこう呼ばれているようです。観賞用に栽培しているのですが、香りが良いのでマーマレードにしてみました。

仏手柑(ぶっしゅかん)
マーマレード

仏手柑は果肉がほとんど無く、皮と白い海綿状部分を材料に作りました。我が家ではスダチを加えて酸味をプラス。レモンやキンカンに似たさわやかな香りが広がります。
詳しいレシピはこちら

仏手柑(ぶっしゅかん)のマーマレードをパウンド生地に加えてケーキを作りました。仏手柑のさわやかな香りが広がって美味しいです。バターの風味とも良く合います。

※各みかんの味や特徴のコメントは『みかんと菜の花』独自のものです。予めご了承ください。